横断幕の活用法や選び方を解説します

いろいろな目的で横断幕を作ることが必要になることがあります。横断幕はそのイベントについて案内したり、効果的に盛り上げたりする役割があります。最近は横断幕についてデータを業者に入稿して頼むことで、素早く手ごろな値段で様々な製品を仕上げてくれて、素早く手に入ります。パソコンやインターネットの活用で校正のやり取りも省力化されてきました。それにはまず、使う横断幕の50分の1や25分の1ほどの縮尺のスケールで原稿をパソコンで作ります。そして、それを所定の書式で依頼する業者に、メールなどの添付書類の形でデータとして入稿します。すると受け取った業者側では、画像が正常に出力できることを確認して、デザインし直したのちに最終稿を依頼者に確認の上、実際の幕に出力する作業に入ります。

横断幕の活用と依頼の方法について

たとえば屋外広告の場合には陽の光に常時あたります。それから雨や風にもさらされます。そのために屋外で幕をあげているあいだで劣化しにくい材質の横断幕を作りたいときには、どのような天候にも耐えられる丈夫な素材を選んでつくることもできます。それに対して屋内用のもので布製の幕でも迅速に作れます。布の幕のではコンパクトに折りたたむことができ、イベント会場などどんな場所にも持ち運ぶことができ便利です。さて、依頼者の方で原稿を業者に向けて入稿する方式ならば、データ作成費用を抑えて横断幕を作成できます。業者はOKが出た原稿について、迅速に製品を納入できます。オーダーから出力までにかかる時間は入稿する原稿の出来によります。よって急ぎたい場合にこの方式は有用です。

横断幕についてこんな部分も大切です

イベントまでにまだ時間があり、しかも原稿のデザインから業者に頼みたい場合もあります。その場合には、どのような横断幕にするか打ち合わせが必要になります。業者にその幕の使用目的や意図をしっかり伝えます。2,3回のデザインした原稿の校正を経て、幕の印刷に入ります。したがってこの場合には出来上がりまでに少し時間がかかることになります。それから横断幕を仕事やその他の行事で必要な場合があります。数日間のイベントや行事のあいだに横断幕がずっときれいな状態を維持していないといけません。屋外でそのイベントの最中に幕が強風などで、端からほつれてしまうようなことも考えられます。屋内で使う場合でも同様で、使っている間に皴ができたりほつれたりしてしまうようではよくありません。強固な横断幕を作ってほしいとの依頼に応えてくれる業者であれば、端のまつり縫いやその他強度を増す作業をしっかり行ってくれます。